鳴子ダムすだれ放流

こんにちは、宮城本社の大平です。

レッツ本社のある宮城県大崎市には「鳴子ダム」があります。
鳴子ダムは昨年「推奨土木遺産」として認定されました。

・・・

「選奨土木遺産」は、土木学会において土木遺産の顕彰を通じて歴史的土木構造物の保存に資することを目的として、平成12年に認定制度を設立しており、年間20件程度を選出しています。

受賞理由は「複雑なカルデラ地形の地に外国の技術者を招かずに日本の技術者だけで建設した我が国初の本格的100m級アーチ式コンクリートダムである」

・・・

説明が難しかったので鳴子ダムのサイトから引用させてもらいました(^^;

さて、その鳴子ダムでは毎年ゴールデンウィーク期間中「すだれ放流」が行われているとのことだったので、見に行ってきました。
どばーっと流すのではなく、ダム上部からすだれのように放流するのです。

これだけ聞くと地味な感じもしますが、約100mの高低差があるので、なかなかの迫力です!

そして、ダムには鯉のぼりが飾られており、鯉のぼりの影が「滝」にうつり、さながら鯉の滝登りのような姿を見ることができます。

単なる観光イベントかと思っていたのですが、田植えシーズンなので農業用水を確保するための放流と、満杯までためることで耐久性の点検も兼ねているとのこと。

鳴子は言わずと知れた温泉地。
今年のすだれ放流は終わってしまいましたが、来年のゴールデンウィークはダム見学を兼ねて、ぜひ大崎市まで遊びに来てください!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA