「頭も筋肉だった」

こんにちは、社長の川嶋です。
いよいよ飲みすぎ、食べ過ぎでメタボが心配な季節がやってきましたね。
そんな皆さんに朗報!私は頭は筋肉であるということを発見しました。
それは、頭を使うと内臓脂肪が減るということです。
実は、私は昨年の秋の健康診断でメタボギリギリという結果でしたので
一念発起、身体改善に乗り出しました。おかげさまで今年の健康診断は
メタボよさらば、でした
その改善の一番の兵器はタニタの精密体重計でした。
これに朝晩乗って測るだけで、自分の気持ちに自動制御が働くのです。
そんなこの頃、ふと変な測定結果にアレッ?と思いました。
運動もしない、食事もいっぱい食べた、でも次の朝測ると内臓脂肪が
減っている。
よく考えてみるとその日は頭をとっても使ってました。
それもこれから始める新しいことに対してあれこれ想像力を駆使してい
ました。
きっとこのせいにちがいない!
頭も筋肉なんだ、と悟ったのです。
その根拠は、床屋さんで聞いた話で、お医者さんが話していたらしいの
ですが、仕事でどんなに体を使っていても同じ動作だけならほとんど運
動効果はない、違った筋肉を使って、しかも1回20分以上継続して、
はじめて運動になるんだということです。
それは頭にも言えるんだということを私は発見したわけです。
逆に言うと、それだけ頭を使ってなかったということですね・・・・
なお、学問的裏付けはちっともありませんのでご了解を。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA