静電気

こんにちは。伊藤です。
そろそろ空気も乾燥してきて、あちこちで『パチパチ!』っという時期になりましたね(>_<)
私は特に静電気が起きやすくて、スーパーで買い物カートを押しているときに、走る毎にカートを握っている部分に電気が発生し握れなくなって 「これじゃ買い物できないじゃん!!」 と泣きそうになったことがあります…。カートの材質なんですかね?
そんな中、同期の大平から車を降りるとき静電気が『パチ!』っと来ない(来にくい?)方法を教わったのでご紹介したいと思います。
この方法は昨年くらいに教えてもらって、それまで車から降りる際に諦めていた私を助けてくれました!
①車のエンジンを切ったらドアを開ける(当り前ですね)
②開けたドアの金属部を触る
③金属部を触ったまま車を降りる
ポイントは②の金属部を触る際に席から動かない事です!
車から降りる際に席を立とうとして擦れる事によって静電気が発生するようです。
先に金属部を触っておくと帯電せず電気が流れ、問題なく降りれる、という訳なんですねぇー。
おばあちゃんの知恵袋ではないですが、小ネタでした。

1 Comment

  1. 私も昔、静電気もちでした。
    その頃、スーパーでレジのお姉さんと釣り銭の受け渡しの際、互いの接近した指の間に青い稲妻が走りました。そのときは互いに「あ、あなたもですか」と驚き合い、妙な仲間意識を持ったものです。
    どうも血液の粘度に関係しているようですよ。
    どろどろだと赤血球が重なりあい+の電荷が血漿中に放出されにくいらしいようです。
    着物の影響もあると思いますが参考まで。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA