「吟」初訪問

こんにちは、福田です。

日曜日に友人と共に仙台駅東口から少し歩いた場所にある「吟」というお店に行ってきました。坦々麺と餃子のお店で、叔母(一度もこう呼んだことはありませんが・・・)が働いており、いつか行こうと思っていたのですが今の今まで行かずじまいでした。

実は私、カップラーメンを除いてまともに坦々麺というものを食べたことがありませんでした。辛い物も得意な方ではないのでお店に行って実際に食べるまでは、多少不安だったのですが、その不安を軽く払拭してくれるほど美味しいお店でした。

メニューには特製白ごま坦々麺、冷製黒ごま坦々麺、中華そば、塩そば等々あったのですがオーソドックスに特製白ごま坦々麺を注文。特別サービスということで餃子を付けてくれました(甥特権ですね)

吟_坦々麺.JPG

 

本当なら両方きっちり揃った姿を写真に収めるべきでしたが、待ちきれず先に来ていた餃子を二つほど食べてしまいました。サービスしてもらったこの餃子、写真でもお分かり頂けると思いますが、普通の餃子に比べると大分食い出があります。

といっても、中にしそが入っていて後味はさっぱりしており飽きが来ない味です。個人的に餃子は無性に食べたくなる時があるものの、一定量食べると飽きてしまう食べ物だと思っていたので驚きでした。

肝心の坦々麺も幾つか辛さを選べて、辛いのが苦手な人にも配慮しているみたいです。私は中を選んだのですが、白ごまの風味が良い感じに利いていてマイルドでした。友人共々スープまで飲み干して完食。暇があれば今度は塩そばを食べによりたいですね。

食べログはこちら

http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040102/4014700/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA