「私の隠れや」

こんにちは、社長のカワシマです。
隠したいけど話してみたい、隠れや情報は実に痛し痒しです。
でも、いくつかあるうちの一つならいいかな?
今回ご紹介するのは、高崎君の住む町にある蕎麦屋さんです。
(とはいっても彼の自宅とはだいぶ離れているようですが)
それは大和町吉岡から南川ダムに行く途中、吉田地区にあります。
名前は「権現茶屋」といいます。
ここの「きのこ蕎麦」は絶品です!
きのこ蕎麦.JPG
小ぶりのようで底が深いどんぶりの中には、7種類の大きなきのこ、
2-3種類の山菜天ぷら、野生の姫竹が甘くしょっぱい濃厚な蕎麦つ
ゆの中に隠れています。
そして主役は山形系の蕎麦、黒く平たく、短めで、少しくびれて、
いかにも山奥の風情たっぷりです。
私はこの蕎麦が大好きで、今年の35度を超す炎天の日も、きのこ
蕎麦を大汗かいて食べました。
「ズズ・・ぐにゅ、ぐにゅ・・」という腰のある蕎麦の弾力!
「ザク・・ハフハフ」という山菜天ぷらの歯ざわり!
「コキッポキッ」とうタケノコの感触!
ああ。。今日も食べたいな・・・

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA