ブルーライトをカットしたい

こんにちは、レッツ本社の大平です。
このブログをご覧頂いている方は、仕事でパソコンを使っている方が多いかと思いますが、ずっとパソコンの画面を見ていると眼が疲れてしまいますよね。
私も四六時中パソコンに向かっているので、体調が良くないときなどは眼の奥がずーんと重くなるような痛みが。
しかも眼だけではなく、頭痛やら肩こりやらに来てしまうこともしばしば。


眼の疲れの原因の一つとして、パソコンが発しているブルーライトがあります。
ブルーライトカットメガネで対処する方法もありますが、効果の強いメガネは見ている世界が全体的に黄色みがかってしまうので、
あんまり好きじゃありません。


前振りが長くなってしまいましたが、Windows10にはブルーライトを抑える「夜間モード」が付いています!
睡眠直前までブルーライトを見ていると睡眠に悪影響があるということから、夜になったらブルーライトを抑えるようにする、という設定のようですが、私は常時「夜間モード」にしています。
設定すると、画面全体が黄色みがかったようになります。ですので、パソコン上で色合いを確認する方には不向きですね。
この設定にしてから、なんとなく眼の疲れは減ったような気がします。


Windows10のスタートメニュー>設定>システムから夜間モードの設定から設定出来ます。
眼の疲れにお悩みの方、設定を試してみてください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA