2016年後半の美術展

こんにちは、レッツ東京営業所の伊藤です。

7月に入って暑い日も多くなってきました。今年は酷暑となりそうな気配を感じますね。

皆様も体調にはお気を付けください。

 

私、趣味が美術鑑賞なのですが最近美術館に行けず非常にむずむずしております。

友人にいかに美術館で過ごす時間が贅沢で他に変えられない時間なのかを伝えてみても

私が口足らずなせいか全く理解されないのが悲しいところです。

 

というところで7月以降の美術館展で個人的に興味があるものをご紹介。

 

ダリ展

関西では今月からスタートのダリ展。

くにゃくにゃになった時計の絵で有名な方ですね。またはあの特徴的な髭で

名前を聞いただけでピンとくる方も多いのではと思います。

なかなか日本でダリのコレクションを一度に200点以上見る事は難しいので今年一番の

展示会と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。

時間があれば2回ほど見に行けたら…と思っています。

http://salvador-dali.jp/

 

大妖怪展

関東では今月からスタートの大妖怪展。

過去は4000年前から、現在は妖怪ウォッチまで紹介してくれる懐の深い美術館展です。

個人的には重要文化財のみみずく土偶と葛飾北斎が何点か見られるみたいなので

面白そうだと思ってます。

http://yo-kai2016.com/index.html

 

もし興味がありましたら是非足を運んでみて下さい。

ただしダリ展はかなり混み合う可能性がありそうです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA