便利なExcel関数

こんにちは、大澤です

 

今日はちょっと使えるExcelの関数について書いていきたいと思います

今回の関数

・SUBTOTAL

 

今回はこの関数について書いていきたいと思います

まず、「SUBTOTAL」関数から説明していきます

使い方:SUBTOTAL(集計方法 , 範囲)

集計方法を指定する事で平均や合計を出すことができます

「平均や合計はAVERAGEやSUM関数を使えばいいじゃない」ってと思う方もいると思います

しかし、この関数の便利な所は、非表示列を含めずに計算を行う事ができる部分です

この非表示列を含めずに集計ができるという部分はExcelのフィルター機能を使って絞り込んでも有効だという点です

例えば、フィルター機能を付けた後に合計行をこのSUBTOTAL関数で作成して置く事でフィルターを掛けた結果に対する合計等が簡単に確認できます

また、このSUBTOTAL関数で合算した結果はSUBTOTAL関数の合算に含まれません

なので、SUMだと小計行を省いて合算しないといけない所をSUBTOTAL関数に置き換える事で簡単な範囲指定で合計を出すことができます

皆さんもぜひ一度使ってみてください

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA