Skype専用機

こんにちは、レッツ宮城本社の大平です。

コロナ禍以降に広まったオンラインミーティングやオンラインデモですが、実はレッツでは2011年からかなり活用しておりました。
東日本大震災があり、思うように行動できなかったときにとても役に立ったのです。

その頃はZoomはなく、ビデオ通話と言えばSkypeが主流の時代でした。
とはいえ、今のようにカメラ・マイクが備わっている環境は少なく、希望するお客さまには「Skype専用機」を貸し出しておりました。
これです。


Skypeだけに特化したデバイスで、これでお客様と通話しつつ、画面はリモートサポートの仕組みでご覧いただいておりました。

その頃の動画がまだレッツチャンネルに残っておりました。

Skype専用機に映っているのが私です。若いな…。

その後、Skypeのバージョンアップに「Skype専用機」が対応しなくなってしまい使えなくなったので、iPadを貸し出すことで対応しておりました。

そしてコロナ禍が到来。
Zoomが爆発的に普及し、弊社もZoomを使ったオンラインデモに切り替えました。
今やどの企業でもオンラインデモ等は慣れているかと思いますが、最初は大変だったのではないでしょうか。
その点、レッツではノウハウがあったので、コロナ禍当初からスムーズなオンラインデモ対応が出来ておりました。

今やオンラインデモはかなりメジャーになり、本社にはオンラインデモ専用の環境、通称「オンデモBOX」を設置しております。

オンデモBOXや応接室などの静かな空間からお客様への対応を行っております。

・・・

先日、日程調整の都合でオンデモBOXや応接室も既に埋まっているという事態が起きました…!
他の静かな隔離された場所、、、休憩室を使うことにしました。

先方「弊社は本社がスイスにありまして、、」

私「なるほど、、(こちらは半ば倉庫に侵食されつつある休憩室の畳の上からお話させていただいています…)」

と、もの凄いギャップを感じてしまいました。ヴァーチャル背景の有難みを感じた出来事でした。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eleven − four =