石巻のがれき

こんにちは、川嶋きぬ子です。

 

北九州市で試験的に受け入れることになった石巻のがれき。

その搬入時、一部の強固な人たちの反対阻止の様子をテレビでやっていました。

 

そのニュースを見て

  なんともやりきれない・・・・・・。

  なんとも悲しい・・・・・・。

 

西日本に放射能を拡散したくない、行政の基準があいまいとかの意見で

反対するのはわかるけれど、被災地のことを少しでも考えてみたでしょうか?

石巻のがれきのそばで生活している人のことを少しでも思いやってみたことは

あったでしょうか?

今回のことで被災地の声を取り上げていたメディアにはお目にかかれませんでした。

東北人は我慢強く、だまってばかりいると言われていますが、私はもうだまっては

いられません。

 

反対は一部の人達とは思います。

反対のエネルギーを脱原発へ向けることはできないのでしょうか。

大飯原発の再稼働に揺れている今、一ヶ所の再稼働を許すと、なし崩し的に

原発ありきになってしまいそうです。

なんとしても再稼働はさせてほしくありません。

もう一度、大きな地震、津波がきたら第二、第三の福島を作ってしまいます。

 

被災地の痛みを感じてください。

もう、原発はいりません。

本当にいりません。

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA