NANOXぶちまけ事件

こんにちは、宮城本社の大平です。

我が家の黒猫「くろぴー」は、ふとしたことでトイレの定義がわからなくなるちょっとアホな子です。
一時期は落ち着いており穏やかな日常を過ごしていました。あの事件が起きるまでは……。

NANOXぶちまけ事件です。

ある夜、猫トイレの近くにある棚から詰めかえ用NANOX(洗剤)が床に落ちて、
一面洗剤だらけになりました。(多分他の猫が落とした)
トイレに入ろうとしたくろぴー、NANOXを踏んでしまい脚が洗剤だらけ。
ぬるぬるの脚を舐めた結果、体内に洗剤が入ってしまい嘔吐。

幸い、体調は戻りましたが心の傷は癒えぬまま。
いろいろなところをトイレにしながら生活しています。
ソファー、クッション、靴箱、電子ピアノ、子どもの布団、
夜中、娘が寝ている枕に粗相したときは流石に驚きました。

ドアを閉め切ったり、靴箱のところに入れないように段ボールで壁を作ったり、
様々な対策を日々行っています。

(我が家では今さら「進撃の巨人」ブームなので
「ウォールシーナが突破された!」とか「奇行種(くろぴー)が入ってくるぞ」とか
無理やり楽しんでいます。)
どなたかいい解決策があれば教えて頂きたいところです…。

写真はまったく関係ない「英世(ひーちゃん)」です。

なぜか一本足のように見えます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − five =