CBT方式

こんにちは、晴佐久です。

突然ですが、CBT方式というものをご存知でしょうか。

これはComputer Based Testingの略で、指定の会場に設置されたコンピューターを利用して実施する試験方式です。

コンピューターに表示された試験問題をマウスやキーボードを用いて解答します。

また、ペーパー試験と違い、一度の試験人数を少なくする代わりに、試験の実施回数が増やされる傾向にあります。

私がこの試験方式を知ったきっかけは、10月に受験を予定していた情報セキュリティマネジメントという試験が延期となり、12月~3月の間にCBT方式にて試験を開催するという情報を知ったからです。

知った当初は解答を書く手間や、マークシートを塗りつぶす手間などが減るので、良い試験方式だ!と思ったのですが、ペーパー試験と違い、問題の見返しが行いにくいので、人によっては試験全体の難易度が上がる場合もありそうです。

新型コロナウイルスの流行もあり、私が受験予定だった上記試験以外にも、今後CBT方式に移行していく試験が多くなりそうですね。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA