甘すぎ!

こんにちは、佐々木康弘です。

 

さて、先日はクリスマスでしたね!

我が家では、宅宴? (お家で家庭内宴会) でした。

(キリスト教信者ではありませんが)

 

そこで、食べたのがこれ

 

本場・ドレスデンで500年以上の歴史を誇る、ドイツ王室御用達の老舗、エミール・ライマン(Emil Reimann – Dresden)社のシュトレン という ケーキ(お菓子)。

ドイツでは、昔からの伝統のお菓子らしいです。我が家では今回が初めてです。

 

 

 

さて、パッケージを開けたところ、小袋の砂糖が入っていました。

既に、砂糖がたっぷりふりかけてあるのにさらに砂糖を追加するの???

と いうわけで、小袋の砂糖はかけないで一口いただきました。

 

・・・・あっ、甘い! 甘すぎる!!!

しかし、ケーキに練りこんであるドライフルーツの酸味が調和してくれて、、、いや、やっぱり甘い!

おかげで、渋めのワインがすすむこと。

 

 

ちょっと、私の味覚には甘すぎるのでした。。

 

なお、翌日は久しぶりに頭痛でした(飲み過ぎだろ)

 

では、皆様 良いお年を!

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA