想定外の連続

こんにちは。高橋です。

コーヒー、紅茶よりは日本茶や中国茶の方が好きで、仕事中もよく飲んでいます。
いま使っているのは普通のタンブラーで、伊藤さんが持っているようなお茶の濃さを調節できるタンブラーをひそかに羨ましく思っていました。

先月の台湾旅行で買ったお茶を飲みたいと思いネットで探してみたら、理想の大きさとシンプルなデザインのこちらを発見、よそのサイトではあまり見かけないな…と思いつつ購入しました。

上にお茶の葉、下にお湯を入れて、ひっくり返している間だけお茶の葉がお湯に浸るという構造。
好みの濃さになったら元に戻してお茶をいただきます。
(ちなみに、中に入っているのは台湾で買ってきた東方美人というお茶です♪)

早速、何度か使ってみたのですが、想定外のトラブルが次々と…。
上の茶葉エリアにお湯が残るときがあり、気づかず蓋をあけてお茶がだばーっとこぼれたり。
沸かしたての熱湯を入れたら中の空気が膨張したらしく、蓋をゆるめた瞬間お茶がぷしゅっと吹き出したり。

熟考して選びましたが、なかなかコツがいるアイテムのようでした。
やはりマイナーなものより売れ筋を買った方が安心ですね。
でもせっかく買ったので、しばらく家で練習して慣れてから会社で使おうと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ten + thirteen =