ボードゲームの禁断症状と新たな趣味と

こんにちは、大澤です

最近はボードゲームをする時間もなく、ボードゲームの禁断症状が...(笑)
そこで少しでも症状を抑えべく、気を紛らわせるためにボードゲームの紹介しようかと思います
今回紹介するのは「XENO(ゼノ)」というゲームです
これはオリエンタルラジオの中田敦彦さんが考案したカードゲームです
XENOは全18枚のカードで織りなす、相手の心を読む緊張感、場のカードから導き出す論理、そして運が程よく絡んだゲームです











ルールは決められた勝利条件を目指すという簡単なものです
簡単なルールだからこそプレイする人の考え方や人間性が垣間見え奥深いものとなります
興味がありましたら、「XENO」の公式HPやYouTubeでプレイ動画もアップされているのでぜひ見てみてください

話は変わりますが最近、タロット占いにはまっていたりします
YouTubeでリーディングを見たり、自分でタロットを使ってみたりと楽しいです
現状、独学で勉強中かつカードの意味も調べ調べで覚えていないですけどね(笑)
なんとなく自身の直感を信じてタロットを始めましたがここまではまるとは...
ちゃんとリーディングできるようになりたいなぁとは思っています
ちなにに使っているタロットはこれです
カラスがキュートで一目惚れでした

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × 1 =