フレンチプレスで淹れるコーヒー

こんにちは、レッツ宮城本社の大平です。

先日「フレンチプレス」の道具を買っちゃいました。

いつもコーヒーを淹れるときは皆さんご存知のペーパードリップなのですが、
新たに買った豆はペーパードリップだとちょっと物足りないのです。
ペーパーフィルターだと豆の持つ油分まで漉してしまうのですが、フレンチプレスの場合は金属製のフィルターで、
油分をキープしたまま淹れることが出来るのです!
※あたかも通のように語っていますが、コーヒー豆屋さんの受け売りです(笑)

淹れ方はシンプルです。
容器の中に粗めに挽いた豆を入れ、お湯を注いで、混ぜて、待つ。漉す。
ペーパードリップで淹れるのに比べ簡単です。

「これで豆屋さんで飲んだのと近い味に出来る!」と満を持して淹れてみたのですが、なんか違う…。
ペーパードリップで淹れたのに比べると、もちろんコクが出て美味しいのですが、酸味の出方が違うのです。

淹れ方は豆屋さんで教えてもらったので間違っていないはず…。使っている水が違うから?
謎は未だに解けていません。
奥が深いです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA