コントローラー修理 Joy-Con編

こんにちは、金山です。
度々ネタにしてましたゲームコントローラーの誤動作、通称ドリフト現象が
switchのコントローラーでも発生してきました。

※ドリフト現象:倒してないのにスティックが倒れてると認識される誤動作
勝手に動いてイラっとくるやつです…

他コントローラーでも現象体験済みなので、今回も自己修理できないかと
考えておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あったよ、便利なのが!!
皆さんご存じの「ドン・キホーテ」で売っておりました。
しかも部品だけでなく、分解用の工具と分解の説明書付きです。(初心者に優しい設計

最初はPS5コンと同じように分解→清掃になるかと思ってましたが、
まさかスティック部分を交換できる仕様とは知りませんでした。
switchのJoy-Conは、基板にフレキケーブルで繋がってるだけなので、
分解さえできれば交換は容易なようです♪

では、早速交換するか!…と始める前に動作チェックをしたところ、

(ドリフトが)発生しない…

なんか直ってました(´・ω・)?
とりあえず今回購入した修理キットは保管して、次に誤動作が酷くなったら
交換に挑戦してみようと思います。

※毎度のことながら分解は自己責任です。
 修理キットとはいえ非公式ですので注意しましょう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × four =